Twitterアプリで30秒動画の投稿機能が追加。使い方はカンタン!「録画ボタン」を押すだけ

はてなブックマーク - Twitterアプリで30秒動画の投稿機能が追加。使い方はカンタン!「録画ボタン」を押すだけ

スポンサーリンク

ついに自分が使っているスマホ(Android)に入っているTwitterアプリでも、30秒動画の投稿機能が追加されました!

使い方はめっちゃ簡単ですが、一応説明しておきます。

Twitterで30秒動画を投稿する方法

twitter_video

Twitterアプリを立ち上げたときに表示される、カメラのアイコンをタップします。

twitter_video2

左端のビデオのアイコンをタップします。

twitter_video3

画面がビデオ録画モードに切り替わりますので、アイコンを押さえ続けると録画ができます。

twitter_video4

録画が完了すると、画面の右端に[完了]が表示されますのでタップします。

twitter_video5

ここまでくると、いつものツイート画面と同じです。

twitter_video6

投稿するとタイムライン上に表示されます。

ただし、投稿してもすぐにはタイムライン上に反映されません。動画のアップは、画像の投稿よりも時間がかかります。

もうすぐAPIでも利用可能に!

先日の記事でも書きましたが、2月上旬には開発者向けに、RESTStreamingのAPIでも投稿動画を利用できるようになります。連日、自分でTwitterAPIを利用したWebサービスを開発していますので、こちらも楽しみです!

〔参考サイト〕

スポンサーリンク
はてなブックマーク - Twitterアプリで30秒動画の投稿機能が追加。使い方はカンタン!「録画ボタン」を押すだけ